鵜の子滝WEBSITE

滝データベース鵜の子滝データベース 滝廻り休憩所滝廻り休憩所大空 武左衛門の事大空 武左衛門の事TOPページTOPページ
大造り物データベース八朔祭
大造り物データベース
スライドショー鵜の子滝
スライドショー
動画UPロード方法動画UPロード方法

大空 武左衛門の事
1796 〜 1832 R.IP

大空 武左衛門は、滝廻り休憩所のある『 熊本県山都町田所戸屋野 』の出身。
その立派な体躯(227cm)は、現代で言うならばK-1のチェ・ホンマン選手(218cm)よりも長身。
 江戸時代当時ならば、常識を遥かに超えた巨人であっただろう。


 身長7尺5寸: 体重:35貫 身長:227cm 体重:131kg

身長:227cm 体重:131kg 掌長:36cm 踵長:41cm
寛政8年(1796) 〜 天保3年(1832/9/5) 37歳没

時は江戸時代末期、諸外国が日本に開国をせまり開国か鎖国かで日本が
揺れ動く・・・その動乱の時代の寸前に大空 武左衛門は肥後国のお殿様に連れられて
江戸に上がり江戸勧進相撲の目玉となったようですが、番付に載った記録はなく
戦った事はないようです。

寛政8年(1795)生まれ

鵜の子滝廻り休憩所には、その縁の品が残されている。
3点とされているが、現存するのは下駄のみ・・・。 他の2点は、謎のまま。


( 墓碑は2M以上の高さ。 )

 建立以来120年以上が過ぎ倒壊の危機が起こり、地元有志の方々の尽力により
場所は移動されていますが、そのお墓が残されています。墓碑の側には、

『 寛政5年(1795)太明右衛門の四男に生まれ、十才で身長五尺五寸(約166CM)に伸び、
十六才で武左衛門と名乗る。 その後牛股武左衛門、大空武左衛門と呼ばれた。 』

と記されています。